万葉集 第7巻 1244番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第7巻1244番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第7巻 1244番歌

第7巻
歌番号1244番歌
作者作者不詳
題詞(覊旅作)
原文未通女等之 放髪乎 木綿山 雲莫蒙 家當将見
訓読娘子らが放りの髪を由布の山雲なたなびき家のあたり見む
かなをとめらが はなりのかみを ゆふのやま くもなたなびき いへのあたりみむ
英語(ローマ字)WOTOMERAGA HANARINOKAMIWO YUFUNOYAMA KUMONATANABIKI IHENOATARIMIMU
娘子(をとめ)が解き放った髪を結うという、由布の山に、雲よたなびかないでおくれ。我が家の方向を見ていたいから。
左注?(右件歌者古集中出)
校異
用語雑歌、作者:古集、羈旅、大分、望郷、序詞、地名
タイトルとURLをコピーしました