万葉集 第7巻 1169番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第7巻1169番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第7巻 1169番歌

第7巻
歌番号1169番歌
作者作者不詳
題詞(覊旅作)
原文近江之海 湖者八十 何尓加 <公>之舟泊 草結兼
訓読近江の海港は八十ちいづくにか君が舟泊て草結びけむ
かなあふみのうみ みなとはやそち いづくにか きみがふねはて くさむすびけむ
英語(ローマ字)AFUMINOUMI MINATOHAYASOCHI IDUKUNIKA KIMIGAFUNEHATE KUSAMUSUBIKEMU
琵琶湖にはあちこちに船着き場がございますわ。あなた様はいったいどこに舟を泊め、お泊まりになったのでしょうね。
左注
校異君 公 [類][古][紀][温]
用語雑歌、羈旅、滋賀、地名
タイトルとURLをコピーしました