万葉集 第7巻 1148番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第7巻1148番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第7巻 1148番歌

第7巻
歌番号1148番歌
作者作者不詳
題詞(攝津作)
原文馬雙而 今日吾見鶴 住吉之 岸之黄土 於万世見
訓読馬並めて今日我が見つる住吉の岸の埴生を万代に見む
かなうまなめて けふわがみつる すみのえの きしのはにふを よろづよにみむ
英語(ローマ字)UMANAMETE KEFUWAGAMITSURU SUMINOENO KISHINOHANIFUWO YORODUYONIMIMU
馬を連ねて高台から今日見た、住吉の岸の、あの埴生をいついつまでも見たいものだ。
左注
校異馬 [元][類](塙) 駒
用語雑歌、大阪、羈旅、土地讃美、地名
タイトルとURLをコピーしました