万葉集 第7巻 1390番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第7巻1390番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第7巻 1390番歌

第7巻
歌番号1390番歌
作者作者不詳
題詞(寄海)
原文淡海之海 浪恐登 風守 年者也将經去 榜者無二
訓読近江の海波畏みと風まもり年はや経なむ漕ぐとはなしに
かなあふみのうみ なみかしこみと かぜまもり としはやへなむ こぐとはなしに
英語(ローマ字)AFUMINOUMI NAMIKASHIKOMITO KAZEMAMORI TOSHIHAYAHENAMU KOGUTOHANASHINI
近江の海で、波が恐ろしくて風の具合をうかがっている内に年が経っていってしまうのだろうか。結局漕ぎ出すこともないままに。
左注
校異
用語譬喩歌、滋賀、恋情、琵琶湖、地名
タイトルとURLをコピーしました