万葉集 第7巻 1378番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第7巻1378番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第7巻 1378番歌

第7巻
歌番号 1378番歌
作者 作者不詳
題詞 (寄神)
原文 木綿懸而 齊此神社 可超 所念可毛 戀之繁尓
訓読 木綿懸けて斎ふこの社越えぬべく思ほゆるかも恋の繁きに
かな ゆふかけて いはふこのもり こえぬべく おもほゆるかも こひのしげきに
英語(ローマ字) YUFUKAKETE IHAFUKONOMORI KOENUBEKU OMOHOYURUKAMO KOHINOSHIGEKINI
木綿(ゆう)を垂らして拝礼する、神聖なこの神社の垣根さえ越えてしまいそうに思われる。あまりの恋の激しさに。
左注
校異
用語 譬喩歌、恋愛、三輪、奈良、地名
タイトルとURLをコピーしました