万葉集 第7巻 1379番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第7巻1379番歌はこちらにまとめました。

第7巻 1379番歌

第7巻
歌番号 1379番歌
作者 作者不詳
題詞 寄河
原文 不絶逝 明日香川之 不逝有者 故霜有如 人之見國
訓読 絶えず行く明日香の川の淀めらば故しもあるごと人の見まくに
かな たえずゆく あすかのかはの よどめらば ゆゑしもあるごと ひとのみまくに
英語(ローマ字) TAEZUYUKU ASUKANOKAHANO YODOMERABA YUゑSHIMOARUGOTO HITONOMIMAKUNI
絶えず流れ続ける明日香川がとどこおる(淀む)ことがあれば、何かあったのではないかと世間の人は見るだろうに。
左注
校異
用語 譬喩歌、飛鳥、恋情、停滞、うわさ、地名
タイトルとURLをコピーしました