万葉集 第7巻 1234番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第7巻1234番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第7巻 1234番歌

第7巻
歌番号 1234番歌
作者 作者不詳
題詞 (覊旅作)
原文 塩早三 礒廻荷居者 入潮為 海人鳥屋見濫 多比由久和礼乎
訓読 潮早み磯廻に居れば潜きする海人とや見らむ旅行く我れを
かな しほはやみ いそみにをれば かづきする あまとやみらむ たびゆくわれを
英語(ローマ字) SHIHOHAYAMI ISOMINIWOREBA KADUKISURU AMATOYAMIRAMU TABIYUKUWAREWO
潮の流れが速く磯辺で待機しているのだが、道行く人々は、潜って漁をする漁民と見るだろうか。旅の途中にいる私を。
左注 ?(右件歌者古集中出)
校異
用語 雑歌、作者:古集、羈旅
タイトルとURLをコピーしました