万葉集 第7巻 1235番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第7巻1235番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第7巻 1235番歌

第7巻
歌番号1235番歌
作者作者不詳
題詞(覊旅作)
原文浪高之 奈何梶<執> 水鳥之 浮宿也應為 猶哉可榜
訓読波高しいかに楫取り水鳥の浮寝やすべきなほや漕ぐべき
かななみたかし いかにかぢとり みづとりの うきねやすべき なほやこぐべき
英語(ローマ字)NAMITAKASHI IKANIKADITORI MIDUTORINO UKINEYASUBEKI NAHOYAKOGUBEKI
波が高くなってきた。どうだろう船頭さん、我々は水鳥のように海上で浮き寝することになるのだろうか?、それともやはり漕ぎ続けていくのでしょうか。
左注?(右件歌者古集中出)
校異取 執 [元][類][紀]
用語雑歌、作者:古集、羈旅、動物
タイトルとURLをコピーしました