万葉集 第7巻 1370番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第7巻1370番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第7巻 1370番歌

第7巻
歌番号 1370番歌
作者 作者不詳
題詞 寄雨
原文 甚多毛 不零雨故 庭立水 太莫逝 人之應知
訓読 はなはだも降らぬ雨故にはたづみいたくな行きそ人の知るべく
かな はなはだも ふらぬあめゆゑ にはたづみ いたくなゆきそ ひとのしるべく
英語(ローマ字) HANAHADAMO FURANUAMEYUゑ NIHATADUMI ITAKUNAYUKISO HITONOSHIRUBEKU
そんなに激しい雨ではありません。いっときのにわか雨。そんなにあわててお帰りにならなくとも。人に妙な目でみられかねませんわ。
左注
校異
用語 譬喩歌、恋愛、うわさ
タイトルとURLをコピーしました