万葉集 第7巻 1137番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第7巻1137番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第7巻 1137番歌

第7巻
歌番号1137番歌
作者作者不詳
題詞(山背作)
原文氏人之 譬乃足白 吾在者 今齒<与>良増 木積不来友
訓読宇治人の譬への網代我れならば今は寄らまし木屑来ずとも
かなうぢひとの たとへのあじろ われならば いまはよらまし こつみこずとも
英語(ローマ字)UDIHITONO TATOHENOAJIRO WARENARABA IMAHAYORAMASHI KOTSUMIKOZUTOMO
宇治川の漁師は網代のようなものだ。私(作者)なら木屑も寄ってこない今なら漁に出ない。
左注
校異王 与 [万葉集略解] (塙[古義による]) 生
用語雑歌、京都、羈旅、地名
タイトルとURLをコピーしました