万葉集 第7巻 1136番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第7巻1136番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第7巻 1136番歌

第7巻
歌番号 1136番歌
作者 作者不詳
題詞 (山背作)
原文 氏河尓 生菅藻乎 河早 不取来尓家里 L為益緒
訓読 宇治川に生ふる菅藻を川早み採らず来にけりつとにせましを
かな うぢがはに おふるすがもを かははやみ とらずきにけり つとにせましを
英語(ローマ字) UDIGAHANI OFURUSUGAMOWO KAHAHAYAMI TORAZUKINIKERI TSUTONISEMASHIWO
宇治川に生えていた菅藻をみかけたので手みやげにもって帰りたかったが、川の流れが早く、採らずじまいになってしまった。
左注
校異
用語 雑歌、京都、羈旅、地名
タイトルとURLをコピーしました