万葉集 第7巻 1075番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第7巻1075番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第7巻 1075番歌

第7巻
歌番号1075番歌
作者作者不詳
題詞(詠月)
原文海原之 道遠鴨 月讀 明少 夜者更下乍
訓読海原の道遠みかも月読の光少き夜は更けにつつ
かなうなはらの みちとほみかも つくよみの ひかりすくなき よはふけにつつ
英語(ローマ字)UNAHARANO MICHITOHOMIKAMO TSUKUYOMINO HIKARISUKUNAKI YOHAFUKENITSUTSU
海原の道が遠いせいか月の光が薄い。夜が更けてきたというのに。
左注
校異
用語雑歌
タイトルとURLをコピーしました