万葉集 第7巻 1080番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第7巻1080番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第7巻 1080番歌

第7巻
歌番号1080番歌
作者作者不詳
題詞(詠月)
原文久方乃 天照月者 神代尓加 出反等六 年者經去乍
訓読ひさかたの天照る月は神代にか出で反るらむ年は経につつ
かなひさかたの あまてるつきは かむよにか いでかへるらむ としはへにつつ
英語(ローマ字)HISAKATANO AMATERUTSUKIHA KAMUYONIKA IDEKAHERURAMU TOSHIHAHENITSUTSU
月は神代の昔に出現し、出ては帰ることを繰り返しているのだろうか。年々歳々年はかわっていくのに。
左注
校異
用語雑歌
タイトルとURLをコピーしました