万葉集 第7巻 1209番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第7巻1209番歌はこちらにまとめました。

第7巻 1209番歌

第7巻
歌番号 1209番歌
作者 作者不詳
題詞 (覊旅作)
原文 人在者 母之最愛子曽 麻毛吉 木川邊之 妹与<背>山
訓読 人ならば母が愛子ぞあさもよし紀の川の辺の妹と背の山
かな ひとならば ははがまなごぞ あさもよし きのかはのへの いもとせのやま
英語(ローマ字) HITONARABA HAHAGAMANAGOZO ASAMOYOSHI KINOKAHANOHENO IMOTOSENOYAMA
紀の川の両岸に仲良く並ぶ妹の山と背の山は、人間ならさしづめ母と最愛子(まなご)という風情である。
左注
校異 背之 背 [類][古][紀]
用語 雑歌、羈旅、和歌山、地名
タイトルとURLをコピーしました