万葉集 第7巻 1226番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第7巻1226番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第7巻 1226番歌

第7巻
歌番号1226番歌
作者作者不詳
題詞(覊旅作)
原文神前 荒石毛不所見 浪立奴 従何處将行 与奇道者無荷
訓読三輪の崎荒磯も見えず波立ちぬいづくゆ行かむ避き道はなしに
かなみわのさき ありそもみえず なみたちぬ いづくゆゆかむ よきぢはなしに
英語(ローマ字)MIWANOSAKI ARISOMOMIEZU NAMITACHINU IDUKUYUYUKAMU YOKIDIHANASHINI
三輪崎にさしかかってきたが、ごつごつと切り立った岩礁も見えなくなるほど波が高くなってきた。さりとていづこへ進もうにも避けようもない。
左注?(右件歌者古集中出)
校異
用語雑歌、作者:古集、羈旅、和歌山、地名
タイトルとURLをコピーしました