万葉集 第7巻 1225番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第7巻1225番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第7巻 1225番歌

第7巻
歌番号1225番歌
作者作者不詳
題詞(覊旅作)
原文狭夜深而 夜中乃方尓 欝之苦 呼之舟人 泊兼鴨
訓読さ夜更けて夜中の方におほほしく呼びし舟人泊てにけむかも
かなさよふけて よなかのかたに おほほしく よびしふなびと はてにけむかも
英語(ローマ字)SAYOFUKETE YONAKANOKATANI OHOHOSHIKU YOBISHIFUNABITO HATENIKEMUKAMO
夜が更けてきて闇の彼方にどんよりとした舟人たちの呼び合う声がしていたが、停泊したのだろうか。
左注?(右件歌者古集中出)
校異
用語雑歌、作者:古集、羈旅
タイトルとURLをコピーしました