万葉集 第7巻 1194番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第7巻1194番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第7巻 1194番歌

第7巻
歌番号1194番歌
作者藤原房前
題詞(覊旅作)
原文木國之 狭日鹿乃浦尓 出見者 海人之燎火 浪間従所見
訓読紀の国の雑賀の浦に出で見れば海人の燈火波の間ゆ見ゆ
かなきのくにの さひかのうらに いでみれば あまのともしび なみのまゆみゆ
英語(ローマ字)KINOKUNINO SAHIKANOURANI IDEMIREBA AMANOTOMOSHIBI NAMINOMAYUMIYU
紀の国の雑賀崎の海岸に出てみたら漁舟の燈火(ともしび)が波間から見える。
左注(右七首者藤原卿作 未審年月)
校異以下、1207までは1222の後 [元][西][細] [寛]、国歌大観の順序に従う
用語雑歌、作者:藤原房前、藤原麻呂、羈旅、和歌山、地名、叙景
タイトルとURLをコピーしました