万葉集 第7巻 1341番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第7巻1341番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第7巻 1341番歌

第7巻
歌番号1341番歌
作者作者不詳
題詞(寄草)
原文真珠付 越能菅原 吾不苅 人之苅巻 惜菅原
訓読真玉つく越智の菅原我れ刈らず人の刈らまく惜しき菅原
かなまたまつく をちのすがはら われからず ひとのからまく をしきすがはら
英語(ローマ字)MATAMATSUKU WOCHINOSUGAHARA WAREKARAZU HITONOKARAMAKU WOSHIKISUGAHARA
遠くにある菅原は私には刈り取ることが出来ず、人が刈り取っているのを指をくわえて見ていなければならないのか、口惜しい。
左注
校異
用語譬喩歌、恋愛、植物
タイトルとURLをコピーしました