万葉集 第7巻 1342番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第7巻1342番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第7巻 1342番歌

第7巻
歌番号1342番歌
作者作者不詳
題詞(寄草)
原文山高 夕日隠奴 淺茅原 後見多米尓 標結申尾
訓読山高み夕日隠りぬ浅茅原後見むために標結はましを
かなやまたかみ ゆふひかくりぬ あさぢはら のちみむために しめゆはましを
英語(ローマ字)YAMATAKAMI YUFUHIKAKURINU ASADIHARA NOCHIMIMUTAMENI SHIMEYUHAMASHIWO
山が高く、夕日が山の向こうに隠れてしまった。浅茅原がどこなのか暗くて分からない。こんなことなら茅(ちがや)にしめ縄を結んでおくんだった。
左注
校異
用語譬喩歌、恋愛、植物
タイトルとURLをコピーしました