万葉集 第7巻 1334番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第7巻1334番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第7巻 1334番歌

第7巻
歌番号 1334番歌
作者 作者不詳
題詞 (寄山)
原文 奥山之 於石蘿生 恐常 思情乎 何如裳勢武
訓読 奥山の岩に苔生し畏けど思ふ心をいかにかもせむ
かな おくやまの いはにこけむし かしこけど おもふこころを いかにかもせむ
英語(ローマ字) OKUYAMANO IHANIKOKEMUSHI KASHIKOKEDO OMOFUKOKOROWO IKANIKAMOSEMU
山奥の岩は苔が生えていて(すべりやすいので)恐ろしい。そんな彼女は高嶺の花で誰も寄りつかないが、その彼女を思う、この心をどうしたらいいのだろう。
左注
校異
用語 譬喩歌、恋愛
タイトルとURLをコピーしました