万葉集 第7巻 1333番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第7巻1333番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第7巻 1333番歌

第7巻
歌番号1333番歌
作者作者不詳
題詞(寄山)
原文佐<穂>山乎 於凡尓見之鹿跡 今見者 山夏香思母 風吹莫勤
訓読佐保山をおほに見しかど今見れば山なつかしも風吹くなゆめ
かなさほやまを おほにみしかど いまみれば やまなつかしも かぜふくなゆめ
英語(ローマ字)SAHOYAMAWO OHONIMISHIKADO IMAMIREBA YAMANATSUKASHIMO KAZEFUKUNAYUME
これまでは佐保山を平凡なただの山と見ていたが、あらためて見ると親しみやすいいい山だ。二人の間にヒビが入らないでおくれ、決して。
左注
校異保 穂 [元][類][紀]
用語譬喩歌、恋愛、奈良、地名
タイトルとURLをコピーしました