万葉集 第7巻 1130番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第7巻1130番歌はこちらにまとめました。

第7巻 1130番歌

第7巻
歌番号 1130番歌
作者 作者不詳
題詞 芳野作
原文 神左振 磐根己凝敷 三芳野之 水分山乎 見者悲毛
訓読 神さぶる岩根こごしきみ吉野の水分山を見れば悲しも
かな かむさぶる いはねこごしき みよしのの みくまりやまを みればかなしも
英語(ローマ字) KAMUSABURU IHANEKOGOSHIKI MIYOSHINONO MIKUMARIYAMAWO MIREBAKANASHIMO
神々しいこの岩根がごつごつした吉野の水分山を仰ぎ見ると荘厳な気分に浸される。
左注
校異 凝 [類][古][紀] 疑
用語 雑歌、吉野、羈旅、地名
タイトルとURLをコピーしました