万葉集 第7巻 1266番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第7巻1266番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第7巻 1266番歌

第7巻
歌番号1266番歌
作者作者不詳
題詞(臨時)
原文大舟乎 荒海尓榜出 八船多氣 吾見之兒等之 目見者知之母
訓読大船を荒海に漕ぎ出でや船たけ我が見し子らがまみはしるしも
かなおほぶねを あるみにこぎで やふねたけ わがみしこらが まみはしるしも
英語(ローマ字)OHOBUNEWO ARUMINIKOGIDE YAFUNETAKE WAGAMISHIKORAGA MAMIHASHIRUSHIMO
大船を荒海に漕ぎ出して、懸命にこぎ続けているが、私が逢った彼女の目もとがありありと浮かんでくる。
左注(右十七首古歌集出)
校異
用語雑歌、作者:古歌集、羈旅、防人、望郷、恋愛
タイトルとURLをコピーしました