万葉集 第7巻 1216番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第7巻1216番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第7巻 1216番歌

第7巻
歌番号1216番歌
作者作者不詳
題詞(覊旅作)
原文塩満者 如何将為跡香 方便海之 神我手渡 海部未通女等
訓読潮満たばいかにせむとか海神の神が手渡る海人娘子ども
かなしほみたば いかにせむとか わたつみの かみがてわたる あまをとめども
英語(ローマ字)SHIHOMITABA IKANISEMUTOKA WATATSUMINO KAMIGATEWATARU AMAWOTOMEDOMO
もし潮が満ちて来たらば、どうするつもりであろうか。大海の神の戸を渡って行くあの海女の少女たちは。
左注
校異
用語雑歌、羈旅
タイトルとURLをコピーしました