万葉集 第7巻 1216番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第7巻1216番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第7巻 1216番歌

第7巻
歌番号 1216番歌
作者 作者不詳
題詞 (覊旅作)
原文 塩満者 如何将為跡香 方便海之 神我手渡 海部未通女等
訓読 潮満たばいかにせむとか海神の神が手渡る海人娘子ども
かな しほみたば いかにせむとか わたつみの かみがてわたる あまをとめども
英語(ローマ字) SHIHOMITABA IKANISEMUTOKA WATATSUMINO KAMIGATEWATARU AMAWOTOMEDOMO
もし潮が満ちて来たらば、どうするつもりであろうか。大海の神の戸を渡って行くあの海女の少女たちは。
左注
校異
用語 雑歌、羈旅
タイトルとURLをコピーしました