万葉集 第7巻 1161番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第7巻1161番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第7巻 1161番歌

第7巻
歌番号1161番歌
作者作者不詳
題詞覊旅作
原文離家 旅西在者 秋風 寒暮丹 鴈喧<度>
訓読家離り旅にしあれば秋風の寒き夕に雁鳴き渡る
かないへざかり たびにしあれば あきかぜの さむきゆふへに かりなきわたる
英語(ローマ字)IHEZAKARI TABINISHIAREBA AKIKAZENO SAMUKIYUFUHENI KARINAKIWATARU
家を遠く離れて旅にある身。秋風が身にしみる寒い夕べ、雁が鳴きながら飛んでいく。
左注
校異渡 度 [元][類][紀]
用語雑歌、羈旅、羈旅、動物、叙景
タイトルとURLをコピーしました