万葉集 第7巻 1162番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第7巻1162番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第7巻 1162番歌

第7巻
歌番号 1162番歌
作者 作者不詳
題詞 (覊旅作)
原文 圓方之 湊之渚鳥 浪立也 妻唱立而 邊近著毛
訓読 円方の港の洲鳥波立てや妻呼びたてて辺に近づくも
かな まとかたの みなとのすどり なみたてや つまよびたてて へにちかづくも
英語(ローマ字) MATOKATANO MINATONOSUDORI NAMITATEYA TSUMAYOBITATETE HENICHIKADUKUMO
円方の港の洲にいる鳥たちが、波がたってきて満ち潮が近いと知ってか、妻を呼び立てて岸辺の方に近づいてくる。
左注
校異
用語 雑歌、羈旅、三重県、松坂、地名、叙景
タイトルとURLをコピーしました