万葉集 第7巻 1227番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第7巻1227番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第7巻 1227番歌

第7巻
歌番号 1227番歌
作者 作者不詳
題詞 (覊旅作)
原文 礒立 奥邊乎見者 海藻苅舟 海人榜出良之 鴨翔所見
訓読 礒に立ち沖辺を見れば藻刈り舟海人漕ぎ出らし鴨翔る見ゆ
かな いそにたち おきへをみれば めかりぶね あまこぎづらし かもかけるみゆ
英語(ローマ字) ISONITACHI OKIHEWOMIREBA MEKARIBUNE AMAKOGIDURASHI KAMOKAKERUMIYU
磯辺に立って沖を見ると藻刈舟(めかりふね)を海人(あま)の人々が沖に向かって漕ぎ出したようだ。鴨たちが飛び立ったのが見える。
左注 ?(右件歌者古集中出)
校異
用語 雑歌、作者:古集、羈旅、叙景
タイトルとURLをコピーしました