万葉集 第7巻 1228番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第7巻1228番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第7巻 1228番歌

第7巻
歌番号1228番歌
作者作者不詳
題詞(覊旅作)
原文風早之 三穂乃浦廻乎 榜舟之 船人動 浪立良下
訓読風早の三穂の浦廻を漕ぐ舟の舟人騒く波立つらしも
かなかざはやの みほのうらみを こぐふねの ふなびとさわく なみたつらしも
英語(ローマ字)KAZAHAYANO MIHONOURAMIWO KOGUFUNENO FUNABITOSAWAKU NAMITATSURASHIMO
風の激しい三穂の浦あたりを漕ぎ進んでいる舟の舟人たちが騒ぎ立てている。波が立っているのだろうか。
左注?(右件歌者古集中出)
校異
用語雑歌、作者:古集、羈旅、和歌山、地名
タイトルとURLをコピーしました