万葉集 第7巻 1262番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第7巻1262番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第7巻 1262番歌

第7巻
歌番号1262番歌
作者作者不詳
題詞(臨時)
原文足病之 山海石榴開 八<峯>越 鹿待君之 伊波比嬬可聞
訓読あしひきの山椿咲く八つ峰越え鹿待つ君が斎ひ妻かも
かなあしひきの やまつばきさく やつをこえ ししまつきみが いはひつまかも
英語(ローマ字)ASHIHIKINO YAMATSUBAKISAKU YATSUWOKOE SHISHIMATSUKIMIGA IHAHITSUMAKAMO
椿咲くこの季節、山の峰々を越えて鹿を待つあなた。片や私は無事を祈って待つ身の妻なのね。
左注(右十七首古歌集出)
校異岑 峯 [類][古][紀] / [元][紀] 1263の次に配列
用語雑歌、作者:古歌集、怨恨、恋愛、動物、枕詞、比喩
タイトルとURLをコピーしました