万葉集 第7巻 1261番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第7巻1261番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第7巻 1261番歌

第7巻
歌番号 1261番歌
作者 作者不詳
題詞 (臨時)
原文 山守之 里邊通 山道曽 茂成来 忘来下
訓読 山守の里へ通ひし山道ぞ茂くなりける忘れけらしも
かな やまもりの さとへかよひし やまみちぞ しげくなりける わすれけらしも
英語(ローマ字) YAMAMORINO SATOHEKAYOHISHI YAMAMICHIZO SHIGEKUNARIKERU WASUREKERASHIMO
山守が山道を通ってこの里に通ってきた。が、最近は来ない。道が草で茂ってしまったので道を忘れてしまったのだろうか。
左注 (右十七首古歌集出)
校異
用語 雑歌、作者:古歌集、譬喩、恋愛、怨恨
タイトルとURLをコピーしました