万葉集 第7巻 1261番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第7巻1261番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第7巻 1261番歌

第7巻
歌番号1261番歌
作者作者不詳
題詞(臨時)
原文山守之 里邊通 山道曽 茂成来 忘来下
訓読山守の里へ通ひし山道ぞ茂くなりける忘れけらしも
かなやまもりの さとへかよひし やまみちぞ しげくなりける わすれけらしも
英語(ローマ字)YAMAMORINO SATOHEKAYOHISHI YAMAMICHIZO SHIGEKUNARIKERU WASUREKERASHIMO
山守が山道を通ってこの里に通ってきた。が、最近は来ない。道が草で茂ってしまったので道を忘れてしまったのだろうか。
左注(右十七首古歌集出)
校異
用語雑歌、作者:古歌集、譬喩、恋愛、怨恨
タイトルとURLをコピーしました