万葉集 第7巻 1260番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第7巻1260番歌はこちらにまとめました。

第7巻 1260番歌

第7巻
歌番号 1260番歌
作者 作者不詳
題詞 (臨時)
原文 不時 斑衣 服欲香 <嶋>針原 時二不有鞆
訓読 時ならぬ斑の衣着欲しきか島の榛原時にあらねども
かな ときならぬ まだらのころも きほしきか しまのはりはら ときにあらねども
英語(ローマ字) TOKINARANU MADARANOKOROMO KIHOSHIKIKA SHIMANOHARIHARA TOKINIARANEDOMO
まだ染め上がっていない斑模様の着物を着てみたいものだ。まだ島庄のハンノキ林ではハンノキが実をつける時期にはなっていないけれども。
左注 (右十七首古歌集出)
校異 衣服 嶋 [古]
用語 雑歌、作者:古歌集、臨時、飛鳥、植物、地名
タイトルとURLをコピーしました