万葉集 第7巻 1078番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第7巻1078番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第7巻 1078番歌

第7巻
歌番号1078番歌
作者作者不詳
題詞(詠月)
原文此月之 此間来者 且今跡香毛 妹之出立 待乍将有
訓読この月のここに来たれば今とかも妹が出で立ち待ちつつあるらむ
かなこのつきの ここにきたれば いまとかも いもがいでたち まちつつあるらむ
英語(ローマ字)KONOTSUKINO KOKONIKITAREBA IMATOKAMO IMOGAIDETACHI MACHITSUTSUARURAMU
月がこの位置にかかってきたのだから、今頃、妻は門に出て私の帰りを待っていてくれているのだろうか。
左注
校異
用語雑歌
タイトルとURLをコピーしました