万葉集 第7巻 1363番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第7巻1363番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第7巻 1363番歌

第7巻
歌番号1363番歌
作者作者不詳
題詞(寄花)
原文春日野尓 咲有芽子者 片枝者 未含有 言勿絶行年
訓読春日野に咲きたる萩は片枝はいまだふふめり言な絶えそね
かなかすがのに さきたるはぎは かたえだは いまだふふめり ことなたえそね
英語(ローマ字)KASUGANONI SAKITARUHAGIHA KATAEDAHA IMADAFUFUMERI KOTONATAESONE
春日野に咲いている萩の花。片方は咲いていますが、もう一方は蕾のままです。ですから便りは欠かさないで下さいね。
左注
校異
用語譬喩歌、恋愛、奈良、地名、植物
タイトルとURLをコピーしました