万葉集 第7巻 1167番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第7巻1167番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第7巻 1167番歌

第7巻
歌番号1167番歌
作者作者不詳
題詞(覊旅作)
原文朝入為等 礒尓吾見之 莫告藻乎 誰嶋之 白水郎可将苅
訓読あさりすと礒に我が見しなのりそをいづれの島の海人か刈りけむ
かなあさりすと いそにわがみし なのりそを いづれのしまの あまかかりけむ
英語(ローマ字)ASARISUTO ISONIWAGAMISHI NANORISOWO IDURENOSHIMANO AMAKAKARIKEMU
刈り取ろうと見つけたなのりそなのに、どこの島の海人(あま)が刈り取ってしまったのだろう。
左注
校異
用語雑歌、羈旅、植物、比喩
タイトルとURLをコピーしました