万葉集 第7巻 1168番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第7巻1168番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第7巻 1168番歌

第7巻
歌番号1168番歌
作者作者不詳
題詞(覊旅作)
原文今日毛可母 奥津玉藻者 白浪之 八重折之於丹 乱而将有
訓読今日もかも沖つ玉藻は白波の八重をるが上に乱れてあるらむ
かなけふもかも おきつたまもは しらなみの やへをるがうへに みだれてあるらむ
英語(ローマ字)KEFUMOKAMO OKITSUTAMAMOHA SHIRANAMINO YAHEWORUGAUHENI MIDARETEARURAMU
今日もまた沖で玉藻は幾重にも押し寄せる白波をかぶって乱れているのであろうか。
左注
校異
用語雑歌、羈旅、植物
タイトルとURLをコピーしました