万葉集 第7巻 1322番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第7巻1322番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第7巻 1322番歌

第7巻
歌番号1322番歌
作者作者不詳
題詞(寄玉)
原文伊勢海之 白水郎之嶋津我 鰒玉 取而後毛可 戀之将繁
訓読伊勢の海の海人の島津が鰒玉採りて後もか恋の繁けむ
かないせのうみの あまのしまつが あはびたま とりてのちもか こひのしげけむ
英語(ローマ字)ISENOUMINO AMANOSHIMATSUGA AHABITAMA TORITENOCHIMOKA KOHINOSHIGEKEMU
伊勢の海の漁民が志摩の真珠を手中にしても、まだまだしきりに恋しさがつのるだろうな。
左注
校異
用語譬喩歌、恋愛、動物
タイトルとURLをコピーしました