万葉集 第7巻 1340番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第7巻1340番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第7巻 1340番歌

第7巻
歌番号1340番歌
作者作者不詳
題詞(寄草)
原文紫 絲乎曽吾搓 足桧之 山橘乎 将貫跡念而
訓読紫の糸をぞ我が搓るあしひきの山橘を貫かむと思ひて
かなむらさきの いとをぞわがよる あしひきの やまたちばなを ぬかむとおもひて
英語(ローマ字)MURASAKINO ITOWOZOWAGAYORU ASHIHIKINO YAMATACHIBANAWO NUKAMUTOOMOHITE
紫色の糸をよりあわせています。あのヤブコウジの実に糸を貫こうと思って。
左注
校異
用語譬喩歌、恋愛、植物
タイトルとURLをコピーしました