万葉集 第7巻 1212番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第7巻1212番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第7巻 1212番歌

第7巻
歌番号 1212番歌
作者 作者不詳
題詞 (覊旅作)
原文 足代過而 絲鹿乃山之 櫻花 不散在南 還来万代
訓読 足代過ぎて糸鹿の山の桜花散らずもあらなむ帰り来るまで
かな あてすぎて いとかのやまの さくらばな ちらずもあらなむ かへりくるまで
英語(ローマ字) ATESUGITE ITOKANOYAMANO SAKURABANA CHIRAZUMOARANAMU KAHERIKURUMADE
足代(あて)の郷を過ぎて糸鹿(いとか)の山にさしかかったら見事な桜が咲いていた。帰って来るまで散らずにいておくれ。
左注
校異
用語 雑歌、羈旅、悲別、和歌山、地名、植物
タイトルとURLをコピーしました