万葉集 第7巻 1097番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第7巻1097番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第7巻 1097番歌

第7巻
歌番号 1097番歌
作者 作者不詳
題詞 (詠山)
原文 吾勢子乎 乞許世山登 人者雖云 君毛不来益 山之名尓有之
訓読 我が背子をこち巨勢山と人は言へど君も来まさず山の名にあらし
かな わがせこを こちこせやまと ひとはいへど きみもきまさず やまのなにあらし
英語(ローマ字) WAGASEKOWO KOCHIKOSEYAMATO HITOHAIHEDO KIMIMOKIMASAZU YAMANONANIARASHI
あの山は恋ふ背の山と人はいうけれど(恋ふても恋ふても)あの方は来てくれない。たんに山の名にすぎないのでしょうか。
左注
校異
用語 雑歌、序詞、恋情
タイトルとURLをコピーしました