万葉集 第7巻 1098番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第7巻1098番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第7巻 1098番歌

第7巻
歌番号 1098番歌
作者 作者不詳
題詞 (詠山)
原文 木道尓社 妹山在云 <玉>櫛上 二上山母 妹許曽有来
訓読 紀道にこそ妹山ありといへ玉櫛笥二上山も妹こそありけれ
かな きぢにこそ いもやまありといへ たまくしげ ふたかみやまも いもこそありけれ
英語(ローマ字) KIDINIKOSO IMOYAMAARITOIHE TAMAKUSHIGE FUTAKAMIYAMAMO IMOKOSOARIKERE
紀伊の国に妹山があるというが、大和にも二上山があって彼女を連れているではないか。
左注
校異 <> 玉 [万葉考]
用語 雑歌、二上山、地名、枕詞、恋情
タイトルとURLをコピーしました