万葉集 第7巻 1156番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第7巻1156番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第7巻 1156番歌

第7巻
歌番号1156番歌
作者作者不詳
題詞(攝津作)
原文住吉之 遠里小野之 真榛以 須礼流衣乃 盛過去
訓読住吉の遠里小野の真榛もち摺れる衣の盛り過ぎゆく
かなすみのえの とほさとをのの まはりもち すれるころもの さかりすぎゆく
英語(ローマ字)SUMINOENO TOHOSATOWONONO MAHARIMOCHI SURERUKOROMONO SAKARISUGIYUKU
住吉の遠里小野のハンノキで染めた着物がだんだん色あせてくる。
左注
校異
用語雑歌、大阪、羈旅、地名
タイトルとURLをコピーしました