万葉集 第7巻 1337番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第7巻1337番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第7巻 1337番歌

第7巻
歌番号 1337番歌
作者 作者不詳
題詞 (寄草)
原文 葛城乃 高間草野 早知而 標指益乎 今悔拭
訓読 葛城の高間の草野早知りて標刺さましを今ぞ悔しき
かな かづらきの たかまのかやの はやしりて しめささましを いまぞくやしき
英語(ローマ字) KADURAKINO TAKAMANOKAYANO HAYASHIRITE SHIMESASAMASHIWO IMAZOKUYASHIKI
葛城山の高間の草野をいち早く知り合えばよかった。そうしてしめ縄を刺しておけばよかった、今になって悔やまれる。
左注
校異
用語 譬喩歌、葛城、奈良、恋愛、後悔、地名
タイトルとURLをコピーしました