万葉集 第7巻 1186番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第7巻1186番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第7巻 1186番歌

第7巻
歌番号1186番歌
作者作者不詳
題詞(覊旅作)
原文朝入為流 海未通女等之 袖通 沾西衣 雖干跡不乾
訓読あさりする海人娘子らが袖通り濡れにし衣干せど乾かず
かなあさりする あまをとめらが そでとほり ぬれにしころも ほせどかわかず
英語(ローマ字)ASARISURU AMAWOTOMERAGA SODETOHORI NURENISHIKOROMO HOSEDOKAWAKAZU
私が貝を取っていたら、藻を刈り取っている海人娘子(あまおとめ)たちと同様、袖がずぶぬれになってしまった。干したけれどなかなか乾かない。
左注
校異
用語雑歌、羈旅
タイトルとURLをコピーしました