万葉集 第7巻 1185番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第7巻1185番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第7巻 1185番歌

第7巻
歌番号 1185番歌
作者 作者不詳
題詞 (覊旅作)
原文 朝菜寸二 真梶榜出而 見乍来之 三津乃松原 浪越似所見
訓読 朝なぎに真楫漕ぎ出て見つつ来し御津の松原波越しに見ゆ
かな あさなぎに まかぢこぎでて みつつこし みつのまつばら なみごしにみゆ
英語(ローマ字) ASANAGINI MAKADIKOGIDETE MITSUTSUKOSHI MITSUNOMATSUBARA NAMIGOSHINIMIYU
平穏な朝の海に漕ぎ出し、御津の松原を見つつやってきたが、次第に遠ざかって、その松原も、やっと波越に見られるほど小さくなってしまった。
左注
校異
用語 雑歌、羈旅、難波、大阪、地名、叙景
タイトルとURLをコピーしました