万葉集 第7巻 1302番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第7巻1302番歌はこちらにまとめました。

第7巻 1302番歌

第7巻
歌番号 1302番歌
作者 柿本人麻呂(柿本人麻呂歌集)
題詞 (寄玉)
原文 海神 持在白玉 見欲 千遍告 潜為海子
訓読 海神の持てる白玉見まく欲り千たびぞ告りし潜きする海人
かな わたつみの もてるしらたま みまくほり ちたびぞのりし かづきするあま
英語(ローマ字) WATATSUMINO MOTERUSHIRATAMA MIMAKUHORI CHITABIZONORISHI KADUKISURUAMA
美しい白玉にひと目逢いたくて、真珠よ、真珠よと唱えながら、まるで海人(あま)のように潜り続けています。
左注 (右十五首柿本朝臣人麻呂之歌集出)
校異
用語 譬喩歌、作者:柿本人麻呂歌集、恋愛、略体
タイトルとURLをコピーしました