万葉集 第7巻 1146番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第7巻1146番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第7巻 1146番歌

第7巻
歌番号 1146番歌
作者 作者不詳
題詞 (攝津作)
原文 目頬敷 人乎吾家尓 住吉之 岸乃黄土 将見因毛欲得
訓読 めづらしき人を我家に住吉の岸の埴生を見むよしもがも
かな めづらしき ひとをわぎへに すみのえの きしのはにふを みむよしもがも
英語(ローマ字) MEDURASHIKI HITOWOWAGIHENI SUMINOENO KISHINOHANIFUWO MIMUYOSHIMOGAMO
愛すべき彼女と我が家に住みたいという、その有名な住吉の岸の埴生を見ることが出来たらなあ。
左注
校異
用語 雑歌、大阪、羈旅、地名
タイトルとURLをコピーしました