万葉集 第7巻 1295番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第7巻1295番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第7巻 1295番歌

第7巻
歌番号1295番歌
作者作者不詳
題詞(旋頭歌)
原文春日在 三笠乃山二 月船出 遊士之 飲酒坏尓 陰尓所見管
訓読春日なる御笠の山に月の舟出づ風流士の飲む酒杯に影に見えつつ
かなかすがなる みかさのやまに つきのふねいづ みやびをの のむさかづきに かげにみえつつ
英語(ローマ字)KASUGANARU MIKASANOYAMANI TSUKINOFUNEIDU MIYABIWONO NOMUSAKADUKINI KAGENIMIETSUTSU
春日の三笠の山に三日月が出ている。風流人が飲む酒杯に月が映っている。
左注
校異
用語雑歌、旋頭歌、奈良、宴席、地名
タイトルとURLをコピーしました