万葉集 第7巻 1415番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第7巻1415番歌はこちらにまとめました。

第7巻 1415番歌

第7巻
歌番号 1415番歌
作者 作者不詳
題詞
原文 玉梓能 妹者珠氈 足氷木乃 清山邊 蒔散<と>
訓読 玉梓の妹は玉かもあしひきの清き山辺に撒けば散りぬる
かな たまづさの いもはたまかも あしひきの きよきやまへに まけばちりぬる
英語(ローマ字) TAMADUSANO IMOHATAMAKAMO ASHIHIKINO KIYOKIYAMAHENI MAKEBACHIRINURU
玉梓の使いを介してやりとりした彼女は玉(木の実)だったんだなあ。あの清い山辺に撒いたら(散骨したら)木の実のように散らばったんだもの。
左注
校異 染 と [古]
用語 挽歌、亡妻歌、枕詞、葬儀
タイトルとURLをコピーしました