万葉集 第7巻 1249番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第7巻1249番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第7巻 1249番歌

第7巻
歌番号 1249番歌
作者 柿本人麻呂(柿本人麻呂歌集)
題詞 (覊旅作)
原文 君為 浮沼池 菱採 我染袖 沾在哉
訓読 君がため浮沼の池の菱摘むと我が染めし袖濡れにけるかも
かな きみがため うきぬのいけの ひしつむと わがそめしそで ぬれにけるかも
英語(ローマ字) KIMIGATAME UKINUNOIKENO HISHITSUMUTO WAGASOMESHISODE NURENIKERUKAMO
あなたのため浮沼(うきぬ)の池の菱(ひし)の実を摘み採ろうと、夢中になっていたら自分で染めた着物の袖が濡れてしまいました。
左注 (右四首柿本朝臣人麻呂之歌集出)
校異
用語 雑歌、作者:柿本人麻呂歌集、羈旅、島根、略体、植物、地名
タイトルとURLをコピーしました