万葉集 第7巻 1249番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第7巻1249番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第7巻 1249番歌

第7巻
歌番号1249番歌
作者柿本人麻呂(柿本人麻呂歌集)
題詞(覊旅作)
原文君為 浮沼池 菱採 我染袖 沾在哉
訓読君がため浮沼の池の菱摘むと我が染めし袖濡れにけるかも
かなきみがため うきぬのいけの ひしつむと わがそめしそで ぬれにけるかも
英語(ローマ字)KIMIGATAME UKINUNOIKENO HISHITSUMUTO WAGASOMESHISODE NURENIKERUKAMO
あなたのため浮沼(うきぬ)の池の菱(ひし)の実を摘み採ろうと、夢中になっていたら自分で染めた着物の袖が濡れてしまいました。
左注(右四首柿本朝臣人麻呂之歌集出)
校異
用語雑歌、作者:柿本人麻呂歌集、羈旅、島根、略体、植物、地名
タイトルとURLをコピーしました