万葉集 第7巻 1250番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第7巻1250番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第7巻 1250番歌

第7巻
歌番号1250番歌
作者柿本人麻呂(柿本人麻呂歌集)
題詞(覊旅作)
原文妹為 菅實採 行吾 山路惑 此日暮
訓読妹がため菅の実摘みに行きし我れ山道に惑ひこの日暮らしつ
かないもがため すがのみつみに ゆきしわれ やまぢにまとひ このひくらしつ
英語(ローマ字)IMOGATAME SUGANOMITSUMINI YUKISHIWARE YAMADINIMATOHI KONOHIKURASHITSU
彼女のために菅の実を摘みに山に出かけたが、道に迷ってとうとう山中で日が暮れてしまった。
左注右四首柿本朝臣人麻呂之歌集出
校異
用語雑歌、作者:柿本人麻呂歌集、羈旅、略体、植物
タイトルとURLをコピーしました